太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組む

続々と導入が進む太陽光発電ですが、勘違いしている人も多く、設置をすればすぐに収益を確保出来ると考えています。
確かに長期的に見れば収益の確保は可能ですが、数年で元を回収することは出来ませんのでご注意ください。 少しでも早く原発依存から脱却をするためにも再生可能エネルギーである太陽光発電の普及は急務となっています。
システムによっては、災害が発生した時の停電などに蓄電しておいた電力を使えるタイプも販売されていますのでより安心感が強くなっています。
最近では法人単位で太陽光発電を導入するケースが多くなっています。
二酸化炭素削減や地球温暖化対策としてかなり有効であり、地球規模の貢献が可能なのです。

 

会社に太陽光発電を設置し、もし電気が余ってしまった場合でも余剰電力買取制度によって売電をし、経費節減になります。
発電した電力を目で確認もすることが出来るので、必然的に節電意識も高まってくることでしょう。



太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組むブログ:2017年09月20日

育児をしている時は、
お子様が何かしてきたら、
大袈裟に褒めるということが非常に大事!
通常の褒め方では駄目なのである。

お子様は自分の父母が大喜びしているのが解ると、
脳の限界を取り払って、
脳のシナプスを一気に増やすことができるのである。

気をつけるべきは、
夫婦のどちらかが父母馬鹿になってしまい、
夫婦の一方が白けてしまいチャチャを入れること。

これは夫婦としては正常の反応であっても、
育児においては非常に有害なのだ。

夫婦のどちらかが父母馬鹿になっているのなら、
自分も一緒になって父母馬鹿になってしまうくらいの
心意気が必要なのである。

都市部で暮らしていると、都会の刺激が強いために、
どうしても白けてる人々が大量に出てきてしまう。

嫁が父母馬鹿になっても、旦那がツッコミを入れて来るし、
旦那が父母馬鹿になると、嫁がツッコミを入れて来て、
父母馬鹿になる機会を失ってしまう…

そうすると
お子様は脳のシナプスを増やすことができず、
頭が悪くなってしまうのだ。

お子様は誕生から6歳までの間、
連日、必ず何かしら仕出かして来るのだから、
夫婦が交互に何かを見つけて、大袈裟に褒めてしまえばいい。

大袈裟に褒めれば褒めるほど
お子様の脳のシナプスが増えるのだから、
非常に頭の良いお子様に育ち、その後の子育てが非常に楽になるのである。

とは言え、
夫婦はいつも元気一杯でいられるわけがない。

嫁は育児疲労で疲れ切ってしまうこともあるし、
旦那は勤続疲労で疲れ切ってしまう時もある。

なので、
嫁が疲れていたら、嫁を休ませて、
その間、旦那がお子様に対して父母馬鹿になっていればいい。

旦那が疲れていたら、旦那を休ませ、
その間、嫁がお子様に対して父母馬鹿になっていればいいのだ。